専門薬剤師という資格と転職について

kango(31)医師の世界に専門医というのがあるように、
薬剤師の世界にも専門薬剤師という資格があります。

では、専門薬剤師とはどのようなものなのでしょうか。

がん、精神科、感染症、妊婦・授乳婦などの
特定の専門分野においては、
十分な知識と技術が必要になります。

これらの分野では、様々な団体から
各種認定証が発行されています。

認定証は、薬剤師が質の高い業務を実践していることが認められ、
更に一定の研修参加や試験合格といった
実績をあげると受けることが出来ます。

専門薬剤師になるにはステップがあり、
認定薬剤師を取得します。

その中で、他の薬剤師に対する指導的役割を果たしたり、
研究活動等についても行うことができる能力を有します。

さらに試験合格した薬剤師が専門薬剤師となるのが
一般的です。

このような専門性をもった薬剤師の活躍先は、
主に病院が多いようです。

例えば、がん専門薬剤師は、がん医療に対して
抗がん治療を受けている患者に向けて
服薬や治療経過を見守っていくことになります。

近年では、がん治療に対する新しい薬物治療法が
確立されてきております。

この薬物治療は複雑な手順で行われることもあり、
薬剤師の専門性が生かされるのであります。

上述のように、専門薬剤師の資格取得は
とてもハードルが高いです。

また、専門薬剤師の資格があるからといって、
その資格が必要とされる医療機関へ転職を希望していても
その求人情報は狭き門でもあります。

むしろ、病院などに長年勤務したうえで経験を積み、
その過程で専門知識が身についてからキャリアアップの道具として
専門薬剤師の資格を目指すというのが王道かもしれません。

しかし、タイミングが合えば求人枠も出てくる可能性があるので
常にアンテナを張っておくことが大切でしょう。

1位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

2位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

3位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト


コラム記事一覧


記事保管所

薬剤師転職 資格によって年収に違いがあるの?

kango(27)

総合病院では、認定薬剤師や専門薬剤師
ニーズがとても高く、転職求人も増えているといわれています。

認定薬剤師と専門薬剤師の種類は多いのですが、
種類が多いということは、細分化されているということです。

その分野の専門家である認定薬剤師や専門薬剤師が必要な職場では、
どうしても採用しなければならない状況になるわけです。

これら認定薬剤師と専門薬剤師の資格は、似ている所もあれば、
さまざまな違いもあります。

そのため、一概には言えないのですが、求人から判断すると、
年収には違いがあるようです。

専門薬剤師には資格手当が出るが、認定薬剤師には
手当がつかないという求人が多くあります。

しかし、一方で、認定薬剤師の方が、
幅広い職種・職場からの求人
があるようです。

病院だけではなく、調剤薬局やクリニック、老人介護施設など、
幅広い求人があります。

どちらの資格も、その専門分野を活かすことのできる
職場であることが望ましいです。

しかし、現状では、そのような求人ばかりというわけでは
ありません。

それに、認定薬剤師や専門薬剤師になるには相応の努力が必要であり、
資格を維持していく努力も必要です。

その努力が、十分に報われていないと言わざるを得ない求人も、
ないわけではありません。

しかし、認定薬剤師や専門薬剤師のニーズは高まることがあっても
低くなることはないでしょう。

一定以上の能力の証明にもなるわけですから、
転職市場において、有利であることは間違いありません。

転職における専門薬剤師のメリットを知ろう

kango(22)薬剤師では転職が大事になってきています。

より良いキャリアを作るためにも、
給料を上げるためにも転職は欠かせません。

特に、薬剤師業界で有利なのが、
専門薬剤師になっておくことです。

一体、専門薬剤師にはどういったメリットが有るのでしょうか。

そのメリットは何よりも専門性です。

専門薬剤師は、その専門性を活かした
指導助言が期待されており採用されやすいのです。

また、数自体もまだまだ少ないために、
求人自体も引く手あまたといった状況にあります。

給料も普通の薬剤師求人よりは良いですから、
ステップアップする目標として目指すのも良いでしょう。

また、転職において生きてくるのが
専門薬剤師ならではの職場での地位です。

普通の薬剤師では、転職すると
また新しい現場で下働きといったことが多いのですが、
専門薬剤師の場合、直ぐに管理的な立場になれることが多いのです。

これは、より責任ある働き方をしたい
と言った人にはオススメ
でしょう。

加えて、この専門薬剤師の求人には、
大病院が多いことには注目しておきたい点です。

チームになって働くといったことも、
専門薬剤師の場合には多いものです。

コミュニケーション能力が豊かだと
それだけ働きやすいでしょう。

専門薬剤師には、このように刺激的な側面があります。

より患者と密着できる普通の薬剤師を望むと言った人も多く、
両者を数年ごとに代わりばんこでしているといった人も居ます。

そんな働き方が出来るのも、専門薬剤師の魅力でしょう。

専門薬剤師から支持されるマイナビ薬剤師

interne18私は専門薬剤師として働いてきましたが、
職場に不満があったので転職をしました。

転職をする際に、
私が利用したのがマイナビ薬剤師です。

マイナビ薬剤師は、マイナビグループが運営しているので
信頼感や実績知名度などは業界では抜群だからです。

運営している会社は信頼性があり、知名度も高いので、
当然、質の高い求人も集まってきます。

また、企業や会社病院からの信頼も厚く、
急募の求人や、なかなか求人サイトに出ない、
人気の非公開求人の求人数も充実しています。

マイナビ薬剤師にはコンサルタントがいて、
私達の事を色々とサポートしてくれます。

私達の条件に合った職場の求人も紹介してくれますし、
現在の職場の事で相談に乗ってくれたり、薬剤師としての
これからのアドバイスもしてくれます。

このサポートは、客観的に見た第三者の意見なので
とても私は為になりました。

また、面接の日程の調整をしてくれたり、
面接の対応などのアドバイスもしてくれます。

転職サイトなどを利用する際に、
気になるのが個人情報の取り扱いだと思います。

個人情報の取り扱いも厳しく管理していて、
その証拠としてプライバシーマークを取得しています。

プライバシーマークを取得している事で、
安心してプライバシーに関わる事も話ができるので、
不安なく求人探しも出来ます。

これだけのサービスが、マイナビ薬剤師は
全て無料で利用出来るのはとても魅力です。

登録の方も、インターネットから必要情報を
入力するだけの簡単な事も支持される理由かもしれません。

転職活動をして専門薬剤師を目指す

kango(30)医療業界の中では、医師や看護師が
中心的な役割を果たしています。

しかし、薬を取り扱う薬剤師の存在意義も大きいもので、
次第に重要性が高まってきました。

一般的な薬剤師として勤務するのではなく、
専門薬剤師として活躍するチャンスが生まれているのです。

専門薬剤師は、医療の分野で特に専門性が要求される
5つの領域で活躍しています。

たとえば、がん・精神科・HIV感染症
などを挙げることができます。

それぞれの領域において、
高い専門性を身につけた薬剤師がいることで、
スムーズな医療を行うことが可能になるのです。

薬剤師に関しては、
教育体制も大きく変化しました。

大学における教育は、従来であれば一般の学部と同じ4年間でしたが、
現在では医学部と同じ6年間に延長されています。

重要な役割を担う薬剤師を育成するために、
さまざまな取り組みが行われるようになったのです。

専門薬剤師として活躍するためには、
薬剤師として十分な経験を積むことが必要になります。

薬剤師は、調剤薬局などで
経験を積むのが一般的です。

専門薬剤師を目指す場合は、専門薬剤師が設けられている
領域の知識を中心に学ぶことが大切です。

ただし、特定の領域に偏った知識では不十分なので、
幅広い知識を身につける努力も必要になります。

転職活動を行う際は、専門の転職サイトに登録し、
アドバイザーと相談することが大切です。

自分の力だけでは、専門薬剤師の求人を
見つけることが困難なので、転職サイトの
サポートが必要不可欠なのです。

薬剤師の転職に有利な資格?専門薬剤師

sikaku01
薬剤師が転職する際に、専門薬剤師のような資格を持っていると、
さらに有利な転職ができるということは、
想像に難くないと思います。

たとえば、「がん専門薬剤師」の資格は、
薬剤師で唯一、広告することが認められている
資格でもあります。

がん専門薬剤師の他にも、専門薬剤師には、
感染制御専門薬剤師、精神科専門薬剤師。

HIV感染症専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師、
日本禁煙学会認定認定専門薬剤師、薬物療法専門薬剤師。

腎臓病薬物療法専門薬剤師、栄養サポート(NST)専門薬剤師
[正式名称は、栄養サポートチーム専門療法士(NST専門療法士)]
などがあります。

これらの専門薬剤師は、まず認定薬剤師の資格を得てから、
専門薬剤師になる場合と、専門薬剤師に
ストレートになることができる場合があります。

特定の分野において、高度な知識と経験、
技術やスキルなどを持っていることの証明になるので、
薬剤師の転職の際には有利なことが多いでしょう。

もちろん、転職先でここまでの資格を
必要としていないケースもあるかもしれません。

これらの資格を活かした仕事をしたいという場合や、
資格をさらにステップアップさせるための職場がいいということになれば、
それ相応の転職先を探すことにはなります。

しかし、これだけの資格を持っている薬剤師を
強く求めている求人先もあり、かなりの確率で
マッチングすることになるでしょう。

まだ専門薬剤師の資格を持っていない場合であっても、
資格取得のためのサポート体制ができている職場を目指したり、
資格取得の意欲を見せることも大切です。

薬剤師と専門薬剤師の転職活動の違い

kyujin07薬剤師の働き先というのは、調剤薬局・ドラッグストア、
病院・クリニック、製薬会社などがあります。

一般的な薬剤師として転職を目指す場合は、
自分のキャリアを考えながら、年収や休みなどの希望条件をもとに
転職活動をすればいいでしょう。

しかし、それだけでは難しい
薬剤師の転職があります。

それは専門薬剤師の転職です。

現在、医療現場では薬物治療が多く用いられ、
薬剤についての専門知識が必要とされる場面が増えています。

そんな現状に合わせて誕生したのが、
専門薬剤師です。

特に、専門性が必要とされている
5つの領域で認定が行われています。

専門薬剤師になるには、薬剤師としての
実務経験や認定薬剤師の認定を受けていること、
学会の発表、論文執筆、試験を受けて合格する必要があります。

また、専門薬剤師の認定を受けても
5年に1回の資格更新があります。

それも、非常に高い専門性が求められているためです。

そういったことから、専門薬剤師になること自体が非常に難しく、
認定を受けていることはとてもメリットのあることなのですが、
いざ転職しようとすると問題が出てきます。

それは上手に転職活動をしないと、
せっかくの専門性が生かせない可能性があるからです。

専門薬剤師の求人は、大学病院や研究機関などで
出ることがあります。

しかも、その募集している求人が、
5つの領域のうちの自分の専門領域である必要があります。

専門性が高いゆえの問題ですね。

もちろん、自分の専門領域外でも構わないというのならいいのですが、
そんな勿体ないことしたくありませんよね。

やはり目的の求人に出会うには、マメなチェックと、
求人情報を見る際に本当に自分の専門領域かということの
確認をしっかりする必要があるのです。

専門薬剤師としての活躍の場を求める

kango(28)転職活動というのは、
どのような業界の人でも大変なものです。

とりわけ薬剤師などの医療分野では、
求人の数が限られていることが多いため、
スムーズに転職活動を進めることができない場合があります。

薬剤師は、調剤薬局・ドラッグストア・病院などで
勤務をするのが一般的です。

求人が出やすいのは、調剤薬局やドラッグストアなので、
短期間で転職活動を成功させたい場合は、
調剤薬局やドラッグストアに応募するのが効率的です。

医療業界では、医師や看護師が
中心となって業務を行っています。

しかし、徐々に薬剤師の果たす役割が大きくなっていて、
注目度も高まっているのです。

専門的な知識を身につけた専門薬剤師が
求められています。

専門薬剤師は、日本病院薬剤師会が認定しているもので、
主に5つの領域で活躍しています。

5つの領域とは、がん、精神科、HIV感染症、
妊婦・助産婦、感染制御です。

従来の薬剤師は、幅広い薬に関する知識を身につけていて、
医師の処方に基づいて薬を処方してきました。

専門薬剤師は、それぞれ専門的な知識を持った分野があり、
その分野に特化しているのが特徴です。

専門分野を設けることで、より確実な処方を
行うことができるようになります。

専門薬剤師がしっかりと活躍していくことができるように、
薬剤師に関する教育も変化してきました。

薬剤師としての経験を積んで、
さらなるスキルアップを図っていきたいという人は、
転職活動を行って専門薬剤師を目指していくことができます。